利用規約

  • HOME »
  • 利用規約

 

一般社団法人地域包括ケア支援機構にご入会希望の法人および個人は、当法人が運営するManavix80(マナビックスはちまる)の会員として登録されます。ご入会をご希望される方は、以下のManavix80利用規約をご確認いただき、利用規約に同意した上で、入会手続きを開始してください。

 

Manavix80利用規約

第1条 名称と所在地

一般社団法人地域包括ケア支援機構(以下、当法人とする)が運営する当事業をManavix80(マナビックスはちまる)とし、所在地は「大阪府八尾市本町2丁目8番3号 オープル本町ビル2F」とする。

第2条 事業目的

Manaivix80は、会員へ学びの空間と相互コミュニケーションの機会を提供することを事業目的とする。くわえて、地域包括ケアの活性化をめざす。

第3条 利用規約

第1項 当法人は会員がManavix80を利用または入会する上で守るべき規則として本規約を定め、本規約の内容を適宜変更することができ、会員は予めこれを了承するものとする。この効力は、全会員に適用されるものとする。尚、本規約は当法人Webサイト上にて掲示し、いつでも閲覧出来る状態にすることで会員は最新の規約を確認できるようにする。

第2項 当法人は本規約以外にも、必要に応じて他の諸々の規則(以下、諸規約とする)を定め、その内容を適宜変更することができるものとする。諸規約の効力は、全会員及びビジターにも適用されるものとする。当法人は本規約及び諸規約を変更または新規に定めた際は、当法人Webサイト上にて会員に通知するものとする。

第4条 会員資格

第1項 本規約及び諸規約における会員とは、当法人所定の入会手続きを完了した者とする。

第2項 入会手続きまたは代理人などの関係者(以下、申込者という)は、当法人に対し、暴力団等に属していないこと、暴力団等の支配下にないこと及び一切の関係を有していないことを保証するものとする。申込者が「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」第2条2号に規定する暴力団(以下暴力団という)、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、そのほかこれらに準ずる者である場合、または暴力団等に支配されている場合および暴力団等と何らかの関係を有している場合は、入会を認めない。

第3項 当法人は、会員数や資格の数、ならびに条件において決定権を有し、変更することができるものとする。

第5条 会員の権利と義務

第1項 会員は、本規約の第6条にて定める会員の種類に応じてManavix80の施設及び付帯サービスの提供をうけることができる。尚、会員は当法人が指定する会員以外の第三者がManavix80の施設等を利用することがあることを予め承認するものとする。

第2項 当法人は前項に定める権利を除き、会員に対して、Manavis80の施設や設備及びその他の財産にかかる所有権、賃借権を含む一切の権利を認めるものではない。

第3項 会員は、Manavix80の発展及び会員相互のコニュミケーションに貢献するとともに、本規約及び諸規則を遵守し、これらに定める義務を履行することによって会員資格を維持できることとする。

第4項 会員は、Manavix80の指定する月会費の支払いをはじめ、本規約及び諸規則に定める会員の責務を履行するものとする。

第6条 会員の種類

会員種別は、個人会員と法人会員の2種類とする。各会員料金は、別途規定の料金表の通りとする。

第7条 入会手続き

第1項 Manavix80へ入会を希望する個人および法人は、当法人Webサイトより所定の手続きに沿って入会手続きをするものとする。入会の時点で、本規約に合意しているものとみなし、第2項の支払をもって入会とする。

第2項 入会手続き完了と同時に、規定の料金表に定める通り、入会翌月の月会費をクレジットカード決済または銀行振込みにより支払うものとする。尚、入会月の月会費は無料とする。

第3項 Manavix80への初回来館時に、本人確認書類(名前と住所を確認するための運転免許証、パスポートまたは健康保険証等)により、HP上での申込内容と照合し、メンバーズカードを発行する。その際、発行にあたり認証用顔写真を撮影する。

第8条 メンバーズカード

第1項 会員には、Manavix80よりメンバーズカードが貸与される。

第2項 会員は、原則として入館時には必ずメンバーズカードを携帯するものとする。またManavix80のスタッフの要求に応じ、何時でもメンバーズカードを提示し、リストとの照合に協力しなければならない。

第3項 会員は、下記の場合Manavix80へメンバーズカードを返却するものとする。
(1)退会するとき
(2)上記以外でManavix80が返却を求めたとき

第4項 会員は、いかなる第三者へ対してもメンバーズカードの貸与、譲渡、使用許諾、または担保等に供することはできない。万が一、メンバーズカードの貸与その他どのような理由でも、第三者がメンバーズカードによりManavix80を利用した際は、その代金の支払いを含めた全責任は会員が負うものとする。尚、法人会員については、別途所定の諸規約の通りとする。

第9条 会員資格の譲渡と貸与について

会員は、この資格及びこれに基づく権利をいかなる第三者にも譲渡・貸与することはできない。

第10条 メンバーズカードの紛失・破損と再発行手続きについて

第1項 メンバーズカードを紛失、盗難及び破損した際には、速やかにManavix80へ申し出ることとする。その際、所定のメンバーズカード再発行手数料を支払い、再発行の手続きをおこなうものとする。新しいメンバーズカードの発行により、古いメンバーズカードはその効力を失う。

第2項 メンバーズカードの再発行の後に、カードが見つかった場合は、見つかったカードを速やかにManavix80へ返却するものとする。

第11条 メンバーズカードの所持と提示について

第1項 会員は、入館の際に受付にてメンバーズカードを提示しなければならない。

第2項 Manavix80スタッフは、会員に対してメンバーズカードの提示を要求することができることとする。また、会員はManavix80スタッフからのメンバーズカード提示要求に対して速やかに応じなければならない。

第3項 会員はメンバーズカードを常に携帯しなければならない。

第4項 会員がメンバーズカードを所持していない場合、原則として施設への入館はできないものとする。

第12条 月会費について

第1項 当法人は会費月額、支払い方法及び支払日を決定し、変更できるものとする。その際の会員へ対しての周知は、当法人Webサイト上にて行うものとする。

第2項 会員は、月会費の支払い債務と、当法人が会員に対して負担する債務を相殺することはできない。

第13条 月会費の支払いについて

第1項 会員は、毎月翌月分の月会費を、当法人指定のクレジット決済または銀行口座自動引き落としの方法で支払うものとする。口座引落し日等については、当法人が指定するものとする。但し、初回の月会費の支払いについては、銀行振込、コンビニ決済等での支払い方法を当法人が指定する場合がある。

第2項 Manavix80利用に際する料金は、別途料金表の通りとする。

第3項 支払期日を過ぎても利用料金が支払われず滞っている場合は、当法人は会員に対して適切な催促行為を行う。また、必要に応じて、会員資格を停止し除名処分などの決定権を有するものとする。

第14条 利用規約の違反によって生じる債務

第1項 会員またはそのゲストが他会員やビジターまたは当法人に対して損害を生じさせた場合は、当該会員はその賠償義務を負うものとする。当法人は当該会員に対し、損害賠償要求をすることができ、この場合当該会員は、その損害金の全額を速やかに賠償しなければならない。

第2項 会員またはそのゲストとの間で生じたトラブルは、当該会員が責任をもって対処するものとし、当法人は一切責任を負わない。

第15条 会員資格の承継について

会員が死亡した際は、その死亡日の月末をもって会員資格を失い退会するものとする。また、いかなる場合においても会員資格の承継は承認しない。

第16条 退会について

第1項 退会の申請は、当法人所定の退会届を提出することとする。

第2項 入会した月とその翌月の退会はできない。

第3項 会員は、退会の際は退会日の満了をもって、全ての会員としての権利を失い、Manavix80の施設及びサービスの利用ができなくなるものとする。

第4項 会員は、退会日までに当法人に対する債務を全て弁済するものとする。

第17条 退会手続きについて

第1項 退会は、会員がManavix80へ来館し、当法人所定の「退会届」を提出し、あわせて当法人が貸与したメンバーズカードを返却することをもって、退会申請とする。

第2項 退会申請は、毎月10日(10日が休業日の場合は、9日)までに有効な手続きをもって行われた場合は当月末日にて退会とする。やむをえない事由により当法人が別途承認した場合を除き、郵送、電話、ファックス、電子メール等、来館以外の方法での退会申請は受付けない。

第3項 退会に必要な全の書類が整ったことを確認できたら、Manavix80より退会手続きが完了した旨を会員情報として登録されたEメールアドレスまた会員住所宛てにEメールもしくは郵送により通知し、この通知をもって退会完了とする。

第4項 退会日までの間は、退会申請後もManavix80を利用することができる。その期間の利用がない場合でも、日割り計算等によって生じる月会費の返金はしない。

第5項 中途解約ならびにキャンセルにおける返金請求は、一切応じない。

第18条 会員の除名処分に ついて

第1項 当法人は会員が以下に該当することが判明した場合は、その裁量により、期限を定めることなく、また催告することなくその会員の会員資格を停止し除名させることができる。
(1)月会費等を2か月以上滞納した場合
(2)利用規約または諸規定に違反をした場合、もしくはその疑いがあると当法人が判断した場合
(3)他の会員やゲストに迷惑となる行為を行った場合
(4)犯罪行為をし、またはその嫌疑をうけ社会的信用を損ねた場合
(5)破産手続開始申立、民事再生手続開始申立または手形不渡り等により、経済的な信用を損ねた場合
(6)登録の住所や電話番号、Eメールアドレスの未更新、あるいは誤った登録の放置、虚偽登録等により、Manavix80より連絡をとっても30日以上連絡がつかない場合
(7)会員及び会員の関係者(以下、会員らという)が、暴力団等に該当する場合や、暴力団等に支配されていることまたは暴力団等との関係を有していることが判明した場合またはその疑いがあると当法人が認めた場合
(8)当法人に対し以下の行為のいずれかを行った場合(会員らが属する法人の役員、従業員または会員らの委託を受けたものによる場合も含むものとする。)
ア 虚偽の事実を告げる行為
イ 乱暴な言動や粗野な言動および、迷惑行為
ウ 暴行または脅迫行為その他の違法な行為
エ 金銭の支払、債務の免除、契約の締結、便宜の供与その他当法人による給付で当法人が法律上の義務を負わないものを、当法人の意思に反して求める行為
オ どのような事由によるものであれ、当法人またはManavix80の体面を傷つける行為
カ 当法人またはManavix80の利益に反する行為
キ その他、当法人の判断で会員として不適格であるとみなした行為

第2項 会員が前項のいずれかに該当し除名処分とされた場合は、会員情報として登録されたEメールアドレスまたは会員住所宛に会員の除名処分にかかる通知を当法人より送ることとする。

第3項 当法人より除名処分にされた会員は、Manavix80の施設及びサービス等を利用する権利を失い、会員としての全ての権利ならびに特典も失うものとする。

第4項 当法人より除名処分にされた場合は、除名処分にされた月の残りの日数分の月会費の返却はしない。

第19条 Manavix80の廃止について

第1項 当法人は、その裁量によりManavix80の事業またはサービスの全部または一部を廃止することができる。この場合、当法人Webサイトにて会員に通知するものとする。

第2項 Manavix80の事業すべてを廃止する場合は、当法人が定めた事業廃止日をもって、全ての会員はその会員資格を失うものとする。

第3項 Manavix80の事業すべてを廃止した場合に生じた会員の不利益について、当法人は一切の責任を負わないものとする。

第20条 Manavix80施設等の変更について

当法人はその裁量によりManavix80施設の面積、施設レイアウト、所在地、設備等を変更することができるものとする。

第21条 営利行為活動等の禁止について

全ての会員またはそのゲストは、その他の会員やゲストに対して、あらゆる勧誘行為を行ってはならないものとする。また、会員はそのような行為を当法人、Manavix80スタッフ、または他会員に要望することも禁止する。

第22条 通知について

第1項 全ての通知は原則的に当法人Webサイト上にて行うものとする。Webサイト上の通知を確認せずに生じた会員の不利益については、当法人は一切の責任を負わないものとする。

第2項 Webサイト上での通知のほか、当法人が会員に対して行う通知は、当法人の選択により、会員情報として登録されたEメールアドレスまたは会員住所宛にEメールもしくは郵送をもって行うものとする。

第23条 登録情報の変更について

会員は、電子メールアドレスや住所、会社名、役職名など会員の登録内容になんらかの変更が生じた際には、速やかに届け出て所定の登録内容変更手続きを行うものとする。登録内容の変更申請を行わずに生じた会員の不利益については、当法人は一切の責任を負わないものとする。

第24条 営業時間と休館日について

第1項 当法人はその裁量において、営業時間と休館日をいつでも変更できるものとする。

第2項 当法人はその裁量において、全館貸し切りやメンテナンスなどの事由によりManavix80をいつでも休館出来るものとする。

第3項 前項以外に、天災地変等によりManavix80の施設が不測の損害を被った場合、または施設の改修や補修作業が必要となった場合、当法人は相当期間において施設の全部または一部を休館、閉鎖できるものとする。

第4項 本条における変更が生じた場合、当法人はその変更内容を当法人Webサイト上にて通知するものとし、会員はそれを了承したものとする。また、本条における変更により生じた会員の不利益については、当法人は一切の責任を負わないものとする。

第25条 所持品の紛失・盗難・破損等について

第1項 Manavix80施設内において会員の所持品の管理は、会員の自己責任において行うものとし、施設内において生じた盗難、破損、紛失および事故等について当法人は一切の責任を負わないものとする。

第2項 当法人は、会員の所持品を預かることはしないものとする。万が一会員の所持品を当法人が預かった場合、所持品の紛失や破損、盗難などの責任を当法人は一切負わないものとする。

第26条 ゲストについて

第1項 会員は、ゲストを3名まで同伴して施設を利用することができるものとする。

第2項 会員がゲストを同伴する場合、会員は必ずゲストと一緒に受付にて所定の手続きを行うものとする。

第3項 会員がゲストを同伴して施設を利用する場合、会員は必ずゲストとともに行動することとする。当法人またはManavix80スタッフが、会員が不在だと判断した場合、そのゲストに対してManavix80の施設利用及び付帯サービスの提供を拒絶することが出来る。

第27条 インターネット回線について

第1項 会員は、施設内にて、無線LANならびに一部有線LANによりインターネット回線を利用することができるものとする。ただし、大容量のデータ通信など他の会員に不利益が被る利用は認めないものとする。

第2項 当法人が提供するインターネット回線の利用により会員が何らかの不利益を被った場合、当法人はその責任を一切負わず、いかなる賠償にも応じないものとする。

第3項 Manavix80のLANおよびインターネット回線利用者は以下の行為を禁止する。
(1)コンピューターウイルス等の有害プログラムを、当法人LANを通じて発信、提供、送信する行為
(2)特定または不特定多数に対して大量の電子メールを送信する行為
(3)公序良俗に反する行為や犯罪的行為、もしくはその恐れがある行為、または当法人が不適切と判断する行為
(4)他者に損害や不利益を与える行為、他者を誹謗中傷する行為またはその恐れがある行為
(5)Manavix80施設内で、パソコンやタブレット、携帯端末等画面に画像や動画が表示される機器を使用する場合、暴力的な表現を含むコンテンツやアダルトコンテンツ、その他公序良俗に反するコンテンツ等、他者に不快感を与えると当法人が判断したものを画面に表示させる行為

第28条 コピー及び出力について

第1項 Manavix80施設内の複合機(コピー、FAX、プリントアウト)の使用は、事前に受付にて申し出るものとする。利用料金は、別途定める料金表の通りとする。

第2項 複合機は、利用者の責任下で利用するものとする。何らかの原因で、その内容が(コピーやプリントアウトなど)が第三者に閲覧された際に発生する利用者の不利益について当法人は一切の責任を負わないものとする。

第3項 一度に50枚以上のコピー、FAX、プリントアウトを行うことは、他会員への迷惑となり、機器の故障の原因にもなるため禁止とする。やむを得ない場合は、事前に受付に申し出て当法人の許可を得るものとする。

第4項 複合機に置き忘れた書類は、毎日閉館時に破棄することを了承するものとする。これにより生じた会員の不利益に対して、当法人は一切の責任を追わないものとする。

第29条 合意管轄について

Manavix80会員およびゲストと当法人の間で紛争が生じた際には、誠意をもって協議の上解決するものとし、解決できない場合は大阪地方裁判所または大阪簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

2016年3月1日制定
一般社団法人地域包括ケア支援機構
代表理事 池田貴彦
上記規約内容をご確認の上、入会手続きを開始してください。
PAGETOP
Copyright (C) ICCSO All rights reserved.